風が吹くと気になる。

お辞儀を死んでもしたくない。
脱衣所に落ちた娘の髪に嫉妬する、娘のヘアケア剤が気になる。
娘に「父の日は育毛シャンプーでどう」と言われた。
育毛剤のCMが流れるとギクッとする。
これはある薄毛に悩む男性の、日常です。



と言っても私の父ですが。
葬儀で髪がまとまらなくて、姪(私の従姉)に体調を気遣われる有様です。

今、ギクッとした方おいでではないですか。
育毛剤気になるけれど、何となく手を出しづらいという方もおいででしょうね。でもご安心ください。
ジュリアスシーザもナポレオンボナパルトも薄毛ですごくモテていましたから。
キリスト教界の弁舌家、パウロも薄毛の肖像画、預言者エリヤに到ってははげを侮辱されて本気でキレています。
皇帝も預言者も薄毛には勝てないのです。
詩聖、杜甫も髪が薄くなってかんざしで止められなくなったことを嘆いています。
当時は育毛剤などおそらくなかったので、悩みは深刻だったでしょう。
後アインシュタインとレオナルドダヴィンチも薄毛です。
天才型が多いと言われているのも薄毛の人の特徴なのです。

でも気になりますよね。
思い切って育毛剤や育毛シャンプーを使ってみませんか。
私も子供の頃脱毛症の経験があり、女性用の育毛グッズを探している1人です。
今はまだあっても再発したら嫌ですからね。
悩んでいても髪の毛は増えませんよ。
どのタイプの育毛剤がご自分にあっているかを確かめに、様々な可能性を探ってまいりましょう。

わたしがオススメするサイトはこちら→育毛剤調査隊〜効果があるオススメ育毛剤は?